淋病 検査 治療

淋病の検査と治療について

淋病には適切な診断と治療を

性病と言われるとドキっとしてしまうものですが、その中に淋病があります。
この病気は男女とも見られる性病ですが、性交渉の中のオーラルセックスで写る病気でもあります。

 

その症状には男性に自覚症状を見ることができます。
尿の出具合が悪く痛みを伴うものです。尿道炎による痛みです。

 

女性の人は自覚症状が少ないと言われており、膿のようなおりものが出たりするケースがありますが、検査により発見されることがあるのです。

 

女性の場合、一番、気をつけなければならないのは妊娠中です。
妊娠の時に感染すると流産、早産の原因にもなるので注意が必要なのです。

 

治療法としては、抗生物質の注射や薬の投薬があります。
特に薬の内服については、専門医の所見による正しい内服法を規則正しく守る必要があります。

 

他の病気でも同じことですが、一旦、症状が収まったようでも決められた期間中はキチンと服用し続けることが重要なのです。淋病の原因となる淋菌は体内で長らく宿ることが多いので、この間の性交渉により他人への感染の原因にもなりかねません。

 

また、淋菌は耐性を作ることが多いとされており、このことから多くの菌を生み出しており治療法も多岐に渡る場合もあるのです。元々、感染力から見ると決して強くない菌なのですが、症状が出てきたのなら専門医による早めの診断と治療が重要になってきます。

 

他にクラジミアとの併発も確率的に高くそれにより複数の治療法との検討も出てくるかもしれません。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ